新入生募集


◯自然界の生物に興味があり、真摯に研究に取り組んでいただける大学院生はどなたでも歓迎いたします。

◯出身大学や学部、これまでの研究分野は問いません。研究室で扱う手法はだれでもすぐに習得できます。
これまで受け入れた学生の出身大学(以下、2012以降)
北海道大学、東北大学、茨城大学、東邦大学、東京工業大学、東京理科大学、東京農業大学、立教大学、明治大学、横浜国立大学、山梨大学、名古屋大学、京都大学、鳥取大学、Northern British Columbia Univ.(カナダ)、Gadjah Mada Univ.(インドネシア)、China Agricultural Univ.、Northeastern Univ. (中国)
※植物や菌を学部で研究していた学生は半数程度です。

◯研究テーマについて (過去の修士論文や博士論文のテーマはこちらのページ末尾)
研究テーマは自分で自由に決めることができますが、修士課程は2年間と短いため、できるだけ早い時期に決めるほうがいいでしょう。生き物には季節性があって、限られた時期にしかできない調査もありますので。もちろん指導教員は研究テーマの相談にはいつでも応じますし、実現性についてのアドバイスも行います。
植物か菌類(あるいは両方)を対象にした研究なら、長年の研究実績がありますので、どんなテーマでも成果の見通しが立ちやすいとは思いますが、それ以外の研究でも全く問題ありません。

なかなか研究テーマが決められない場合、本人に興味があれば研究室で現在進行中のプロジェクトの一部を修士論文や博士論文の研究テーマにしてもいいでしょう。

以下は現在進行中の研究プロジェクト
①科学研究穂補助金(基盤研究A一般)「絶滅危惧樹木と共生微生物の生態的相互作用の解明」
概要:絶滅危惧樹木に指定されているトガサワラやヤクタネゴヨウには、その樹種にしか共生しない外生菌根菌(キノコ)が存在し、樹木の更新や生存に重要な役割を果たしている可能性が高いことが分かってきました。これらの樹木の生息地は縮小・分断化していて、樹木と菌の両方とも集団間の遺伝的交流が減少していると考えられます。これを集団遺伝学的手法によって解明し、保全につなげようとする研究です。
調査地:四国、紀伊半島、屋久島、種子島など

②科学研究穂補助金(基盤研究A海外学術)「東南アジアの森林回復を支える菌根菌の探索」
概要:東南アジアの自然林ではフタバガキ科樹木が優占します。しかし、皆伐や火災などによって破壊されたフタバガキ林の再生は非常に困難です。フタバガキ科樹木も外生菌根菌と共生して生きている樹木ですので、外生菌根菌の消失が再生を困難にしている要因と考えています。東南アジアの二次林では、同じく外生菌根菌と共生する他の先駆樹木も存在するため、そうした先駆樹木がフタバガキ科への微生物の橋渡しになってくれる可能性を検証する研究です。
調査地:インドネシア、ベトナムなど東南アジア

③科学研究穂補助金(基盤研究B、分担)「南西諸島地史に基づく固有種キュウキュウマツと菌根菌群集の関係解明」
概要:リュウキュウマツは南西諸島に固有のマツで、沖縄県の県木にも指定されています。しかし、近年はマツノザイセンチュウ病によって激甚な被害が広がっている地域もあります。本研究では、リュウキュウマツの成長や生存に大きな役割を果たす菌根菌をその分布域全体で調査する研究です。
調査地:南西諸島全域

他にもハイマツやアポイカンバ、林床希少植物などでもプロジェクトがあります。詳しくは相談ください。

◯興味のある方はご連絡ください
研究室を訪問して設備を見たり、教員と相談したり、学生の生の声を聞くこともできます(要予約)。




入試情報の詳細は下記のHPよりご確認ください。

新領域創成科学研究科・入試情報http://www.k.u-tokyo.ac.jp/exam/

募集要項http://www.k.u-tokyo.ac.jp/exam/#a3

自然環境学入試説明会の案内 (http://nenv.k.u-tokyo.ac.jp/admission/admission-information/)

環境学研究系入試案内書 (https://www.k.u-tokyo.ac.jp/exam/h30/kankyogakuh30.pdf)

・修士(入試日程Aの出願期間は平成29年6月15日(木)~21日(水)(消印有効)

・博士(平成30(2018)年度募集の一般入試・日程Bについては下記ページから

http://nenv.k.u-tokyo.ac.jp/admission/admission-information/


Comments