メンバー

教授 


奈良一秀
NARA Kazuhide
研究テーマ:菌根共生、絶滅危惧植物の保全、生物系統地理、保全遺伝学

Editor: Mycorrhiza (2009 - 2017)
Editor: Ecological Research (2014 - 2018)
Editor: Journal of Forest Research (2006 - )
Editor: Mycoscience (2009 - 2011)
International Advisory Board: New Phytologist (2010 - )

業績などはこちら


特任研究員

村田政穂

MURATA Masao
研究テーマ:絶滅危惧樹木の保全に関する研究

個人のページはこちら





  特任研究員


小泉 敬彦
KOIZUMI Takahiko
研究テーマ:長期隔離が生物の群集構造と集団遺伝構造に及ぼす影響:高山に取り残されたハイマツと菌根菌の事例から






客員共同研究員


贾 舒征
JIA Shuzheng
研究テーマ:イチヤクソウ科植物の環境適応:菌従属栄養性と光順化の視点から







博士課程 2年



ヘルベルト
Helbert
研究テーマ:
Ectomycorrhizal communities of Tristaniopsis forests in Indonesia








修士課程 2年


安井瞭
YASUI Ryo
研究テーマ:リュウキュウマツの菌根菌群集におよぼす島の地史の影響










修士課程 2年


大嶋健資
OSHIMA Kensuke
研究テーマ:

松宮瑞穂
MATSUMIYA Mizuho
研究テーマ:



過去の修了生と修士・博士論文タイトル(自然環境学専攻に異動後)
2013卒業
南 賢士郎 「スマトラ島メルクシマツ自然林における外生菌根菌群集」(修士論文:農学生命科学)
横川 諒 「氷期の遺存種であるハイマツと共生する外生菌根菌群集」(修士論文)

2014卒業
佐藤 陽水 「樹木細根系の分解課程」(修士論文)
山崎 隼也 「琉球諸島における外生菌根菌群集の多様性と系統地理」(修士論文)

2015卒業
小泉 敬彦 「乗鞍岳におけるハイマツ実生の定着様式と菌根共生」(修士論文)
戸井田 尚也 「富士山火山荒原の地衣類群集」(修士論文)
長田 悠希 「絶滅危惧種トガサワラの残存林分における菌根菌埋土胞子の耐熱性」(修士論文)
中川 裕介 「インドネシアにおけるフタバガキ科樹木の菌根菌資源」(修士論文)
Mi Ruying 「Towards the conservation of mycoheterotrophic orchids: characterizing ecophysiological traits of Lecanorchis nigricans(修士論文)
宮本裕美子 「Distribution patterns and composition of ectomycorrhizal fungi: evaluating the effects of spatial distance, environmental factors, and hosts」(博士論文)* 研究科長賞

2016卒業
塩見直希 「移植対象となった希少ランの共生菌および試験移植結果の解析」(修士論文)* 研究科長賞
Helbert        「Ectomycorrhizal fungal communities of Tristaniopsis forests in Bangka Island, Indonesia」

2017卒業
阿部寛史 「Conservation genetics of endangered Pseudotsuga japonica and its specific ectomycorrhizal symbiont, Rhizopogon togasawariana(修士論文)* 研究科長賞
伊藤光沙       「琉球列島におけるリュウキュウマツ林の外生菌根菌群集」(修士論文)

2018卒業
JIA Shuzheng Ecophysiology of three Pyroleae species coexisting in subalpine forests on Mount Fuji: contrasting photosynthetic traits, root associated fungal communities, and trophic strategies」(博士論文)
杉山
賢子 「The effect of declining tree populations on the distribution and population genetic structure of host specific ectomycorrhizal fungi: evidence from endangered Pinus amamiana and Rhizopogon yakushimensis sp. nov.」(修士論文)* 研究科長賞
本多美佐季       「林床の光環境が絶滅危惧種オオウメガサソウの菌従属栄養性と葉の順化に及ぼす影響(修士論文)


過去に在籍していたPD
田中 恵 博士 (現:東京農業大学 准教授)
木下 晃彦 博士 (現: 森林総合研究所 PD)
宮本 裕美子 博士 (現: 北海道大学 PD)



卒業生の主な就職先
住友林業、日清食品、住宅金融公庫、高砂香料、テーブルマーク、森産業、ケニス、農林中金総合研究所、日本下水道事業団、公務員など



Comments